ブログトップ

気まぐれphoto日記

nittanko64.exblog.jp

身のまわりの出来事をあれこれと・・・

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0034087_19373663.jpg

残されていた南面の妻桁の上の外壁下地を張る為に、まずは間柱を入れます。
b0034087_1938588.jpg

全ての間柱を入れ終え、下地の合板も全て張り終えました。
b0034087_19382663.jpg

下地の合板は、柱の芯から芯までの間隔で張ってある為、四隅や窓枠の所にできる2寸程の隙間を、半端材を加工して全て張っていきます。
これで、外壁の下地作業が終了で~す!!
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-28 19:56 | 家造り
b0034087_183946.jpg

今日はあつし君が応援に来てくれ、ヒロ君と2人で1F南面のまぐさを入れてくれました。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-21 01:19 | 家造り
b0034087_0533122.jpg

断熱材の入った所から順に、床下地(24mm合板)を入れて行きます。
b0034087_0585059.jpg

2Fは柱をかわす切り込みだけでしたが、1Fは基礎と土台柱をつなぐボルトもかわさなくてはならず、かなり手間取りました。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-21 01:07 | 家造り
b0034087_12492622.jpg

1Fの床下地の下には、50mm厚のスタイロフォーム製の断熱材を入れます。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-16 12:49 | 家造り
b0034087_213511.jpg

土台柱と柱をつなぐ金物。
家の場合は5箇所に入れました。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-12 21:05 | 家造り
b0034087_20514671.jpg
b0034087_2052462.jpg

構造体の1部で、強度を上げる為、柱と柱の間に斜めに入れる大事なパーツです。
接地面に隙間が開かないように何度も確かめながら寸法を取り、専用のプレートで固定しました。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-12 21:01 | 家造り
b0034087_062486.jpg

棟梁が、作り方を教える為に中間まで作ってみせてくれました。
これを参考に残りの上の部分をこれから作っていきます。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-11 00:10 | 家造り
b0034087_22163738.jpg

ヒロ&カズ&メッツ君に屋根仕上げを任せ、その間オイラは、昨日きんちゃんと2人で入れた床を支える為の束柱の残りの分を入れました。
これで、しっかりした撓まない床になるはずです!
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-09 22:24 | 家造り
b0034087_2211475.jpg

端にくる半端なサイズは、専用のカッターでサイズが合うように加工して張ります。
完成まで、あと少し!
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-09 22:15 | 家造り
b0034087_20315027.jpg

いよいよ屋根の仕上げ作業に入りました。
初めにトタン製の水切りと呼ばれる部材を周囲に取りつけます。
b0034087_2032327.jpg

次にスターターと呼ばれるコロニアル製の部材を、妻側(1番下側)に1列に張っていきます。
b0034087_20321717.jpg

スターターを基準にして、後はコロニアルを1枚1枚、横一直線になるように張り重ねていき、全て張り終われば屋根が完成ですが、今日は、4分の1位張ったところで作業終了となりました。
[PR]
by nittanko64 | 2006-01-08 20:47 | 家造り